作者別: 管理者

自分にあった保湿成分

肌のバリア機能を高めていくためには、保湿を考えるのが重要になってきます。アトピー性皮膚炎になると、角質層の水分保持機能も失ってしまいます。問題は多数存在しますし、アレルギー物質が外部からの刺激とは限りません。さまざまな要因が絡み合っていきますが、バリア機能としてのセラミドの減少も要因として知られています。これは、角質層に存在する成分であり、保湿機能を持っている部分のひとつです。保湿ができないことで、バリア機能が働かず、アトピー性皮膚炎が治りにくい状態になるのですから、保湿成分とともに考えていかなければいけません

保湿保湿に使われている成分もいろいろとありますが、何でもいいというわけではなく、自分にあったものを見つける必要があります。保湿に使える成分としては、セラミドやワセリン、グリセリンが有名です。尿素やヘパリン類似物質も効果をあげられますが、どれでも自分の体に合うわけではないため、刺激のないアトピ―用のスキンケアを使うのが対策となってきます。

医療品を使って対策するのは、間違っているわけではありません。ですが、日常から肌のバリア機能を高められるように保湿するようにすれば、薬の負担も減らしていけるようになるでしょう。

バリア機能と汗

アトピー性皮膚炎を引き起こしてしまう肌のバリア機能が低下している状態では、清潔にする必要が出てきます。実際にどんなにアレルゲンから守ろうと思っても、すべてのものから守れるわけではありません。必ず付着してしまいます。清潔にする意味は、除去することがポイントになってきますが、洗い流してしまうことによって、バリア機能も下げる点は忘れてはいけません。すぐに保湿するようにしていけば、ダメージを受けずに済ませられます。

汗清潔にするという点では、汗が肌に反応するという問題もあるでしょう。そこで、汗をかかないようにする人もいますが、これは問題です。ターンオーバーを適切な状態にできれば、それだけバリア機能を取り戻してもいけます。この点から考えて、汗をかけないような状況は不自然であり、症状を改善するとは言えません。実際に汗をかくようにして、アトピー性皮膚炎も改善している人がいます。汗が皮膚を潤すのも事実であり、これがバリア機能を維持させているのも確かです。問題は、そのままにすると雑菌がわきやすいという点でしょう。汗をかいたら、速やかにぬれタオルを使ってふき取ってあげて、保湿のスキンケアをすれば、汗もうまく活用できるでしょう。

バリア機能と保湿剤

肌のバリア機能を見参な状態に戻すためには、スキンケアを考えていかなければいけません。実際にアトピー性皮膚炎の場合には、炎症を止めるための薬物療法や、アレルゲンと呼ばれる原因を減らすといった方法がとられます。そのひとつとして、スキンケアをおこない、清潔にして乾燥肌対策をしていく方法も重要です。ひとつの方法をとるのではなく、バリア機能の回復を目指すのであれば、さまざまな方法を実践しながら回復に努めていかなければいけないでしょう。

保湿剤皮膚から丁寧に汚れを落とす必要がありますが、この時にどうしてもバリア機能も下げてしまう問題が出てきます。清潔にできるのは確かですが、そこからすぐに水分を失わないように、保湿剤を塗らなければいけません。肌のバリア機能は、外部からの刺激から守るだけではなく、内部の水分を失わないようにふたをするのも大事な役割です。乾燥しやすい体質を持っているのもアトピー性皮膚炎の特徴ともいえますので、専用の保湿剤を塗ってあげるといいでしょう。ただし、敏感肌の状態ですので、強く塗るのではなく、優しく広げていく必要があります。できるだけゆっくりと皮膚に広げるように塗ってあげるとともに、しわも伸ばしながら丁寧に塗ることがポイントです。

アトピーとスキンケア

健康な肌は、バリア機能がしっかりとしており、外部から刺激を受けないような構造になっています。この機能が低下してしまうと、さまざまな刺激を受けるようになりますし、老化を加速させる問題も起こすようになるでしょう。アトピー性皮膚炎の発症にも関係していると考えられているため、スキンケアとしての保湿を考え、バリア機能を維持していかなければいけません。

アトピー肌のバリア機能と呼んでいますが、その厚みは、わずか0.02ミリしかありません。この厚みを維持していかなければいけないのですから、かなり丁寧にスキンケアもしていかなければいけないでしょう。実際に体を強く吹いたりするだけでも、バリア機能は失われてしまう程度しかないからです。

バリア機能を維持していくためには、肌を清潔にしながら保湿を考えていかなければいけません。この両立をしていけば、アトピー性皮膚炎に対する対策にもなっていきます。洗って清潔にする必要はありますが、バリア機能を考えれば、このあと保湿もしなければいけないといえるでしょう。

アトピー性皮膚炎との関連性を考えた時に、外部からの刺激があります。さまざまな要因を排除していく必要が出てきますが、かゆみを覚える悪循環を断ち切るためにも、外部からの刺激から守れるように、肌のバリア機能を高めていければ、かなり改善させられるようになるでしょう。いろいろな方法が考えられますので、参考にしながら改善を目指してみてはいかがでしょうか。