日別: 2018年3月7日

バリア機能と保湿剤

肌のバリア機能を見参な状態に戻すためには、スキンケアを考えていかなければいけません。実際にアトピー性皮膚炎の場合には、炎症を止めるための薬物療法や、アレルゲンと呼ばれる原因を減らすといった方法がとられます。そのひとつとして、スキンケアをおこない、清潔にして乾燥肌対策をしていく方法も重要です。ひとつの方法をとるのではなく、バリア機能の回復を目指すのであれば、さまざまな方法を実践しながら回復に努めていかなければいけないでしょう。

保湿剤皮膚から丁寧に汚れを落とす必要がありますが、この時にどうしてもバリア機能も下げてしまう問題が出てきます。清潔にできるのは確かですが、そこからすぐに水分を失わないように、保湿剤を塗らなければいけません。肌のバリア機能は、外部からの刺激から守るだけではなく、内部の水分を失わないようにふたをするのも大事な役割です。乾燥しやすい体質を持っているのもアトピー性皮膚炎の特徴ともいえますので、専用の保湿剤を塗ってあげるといいでしょう。ただし、敏感肌の状態ですので、強く塗るのではなく、優しく広げていく必要があります。できるだけゆっくりと皮膚に広げるように塗ってあげるとともに、しわも伸ばしながら丁寧に塗ることがポイントです。