日別: 2018年3月10日

バリア機能と汗

アトピー性皮膚炎を引き起こしてしまう肌のバリア機能が低下している状態では、清潔にする必要が出てきます。実際にどんなにアレルゲンから守ろうと思っても、すべてのものから守れるわけではありません。必ず付着してしまいます。清潔にする意味は、除去することがポイントになってきますが、洗い流してしまうことによって、バリア機能も下げる点は忘れてはいけません。すぐに保湿するようにしていけば、ダメージを受けずに済ませられます。

汗清潔にするという点では、汗が肌に反応するという問題もあるでしょう。そこで、汗をかかないようにする人もいますが、これは問題です。ターンオーバーを適切な状態にできれば、それだけバリア機能を取り戻してもいけます。この点から考えて、汗をかけないような状況は不自然であり、症状を改善するとは言えません。実際に汗をかくようにして、アトピー性皮膚炎も改善している人がいます。汗が皮膚を潤すのも事実であり、これがバリア機能を維持させているのも確かです。問題は、そのままにすると雑菌がわきやすいという点でしょう。汗をかいたら、速やかにぬれタオルを使ってふき取ってあげて、保湿のスキンケアをすれば、汗もうまく活用できるでしょう。