自分にあった保湿成分

肌のバリア機能を高めていくためには、保湿を考えるのが重要になってきます。アトピー性皮膚炎になると、角質層の水分保持機能も失ってしまいます。問題は多数存在しますし、アレルギー物質が外部からの刺激とは限りません。さまざまな要因が絡み合っていきますが、バリア機能としてのセラミドの減少も要因として知られています。これは、角質層に存在する成分であり、保湿機能を持っている部分のひとつです。保湿ができないことで、バリア機能が働かず、アトピー性皮膚炎が治りにくい状態になるのですから、保湿成分とともに考えていかなければいけません

保湿保湿に使われている成分もいろいろとありますが、何でもいいというわけではなく、自分にあったものを見つける必要があります。保湿に使える成分としては、セラミドやワセリン、グリセリンが有名です。尿素やヘパリン類似物質も効果をあげられますが、どれでも自分の体に合うわけではないため、刺激のないアトピ―用のスキンケアを使うのが対策となってきます。

医療品を使って対策するのは、間違っているわけではありません。ですが、日常から肌のバリア機能を高められるように保湿するようにすれば、薬の負担も減らしていけるようになるでしょう。

About the author